目黒区M邸に納品に行ってきました。



取り付けは、昨日完了していたので、
今日は仕上げに行ってきました。
本棚は、幅が4200ミリとかなり大きなサイズ。
サイドボードも長さが3500ミリあります。
全体にチェリーの厚突きを使用。
扉などには、チェリーの無垢材を使用しています。
ダイニングテーブルはナラ材です。
目黒といえば、インテリアショップが多く並ぶ
家具の激戦区です。
M様は、何店かインテリアショップに足を運んだそうですが
納得できるショップと巡り会えず
わざわざ八王子のwaldenまでお越し頂きました。
扉は、取っ手をつけず、すっきりとした意匠です。
今回は、特に全体のバランス配分に気を使い
10年先を考えデザインしました。
家具自体が20年先、30年先まで持つかということも大切ですが
デザインも同じように、その時代に合っているか、ということも
同じくらい大切なことだと思います。
あまり先のことまで考えられませんが
10年先のことは、考えて家具の設計をするように心がけています。

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です