世田谷区のY邸にソファと同時にダイニングテーブルも
納品させて頂きました。


天板は、耳付きウォールナットの厚材。
いわゆる1枚板ではなく、2枚を接ぎ合わせています。
共木(同じ丸太)の2枚なので、木目、色味が近く
接ぎ目は、分かりません。
また、2枚接ぎならではのメリットもあります。
天板は、幅が2900。奥行きが900以上と大きなサイズ。
1枚板ですと、この大きさの場合かなり高価になります。
形も少々いびつかもしれません。

2枚接ぎの場合は、ある程度、幅を揃える事が出来るので
野暮ったさが無く、重厚ながら、モダンな印象に仕上がったと思います。

脚も極力、シンプルな形にしました。
シンプルだからこそバランスが重要で、
1/10の模型をもとに、Y様と何度も相談しながら
全体のバランスを決めました。
1枚板のダイニングテーブルや、耳付きのダイニングテーブルを
お探しのお客様には、専門の材木屋さんをご案内しますので、お気軽にご相談ください。
一生物のダイニングテーブルになったのではないかと思います。
Y様には、ソファとも、とても気に入って頂きました。

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です