土曜日、横浜のJ邸の洗面収納の納品に行ってきました。
取り付けはとても順調に進んでいたのですが、
取り付けの終盤にかかったところでミスが発覚しました。
天井まで高さのある収納なのですが、1番上の開き扉が
扉を開ける時に照明とぶつかってしまうのです。
原因は事前に採寸に伺った時の私の確認ミスにあります。
お客様にはご了承頂き扉を、持って帰り
再加工した扉を、後日納品させて頂くことになりました。
また、別でご主人からご指摘
頂いたのが家具の匂いについてです。
私も嗅いでみたのですが、原因は家具の本体に使用している
ポリエステル化粧合板からきていることが判明しました。
材料は接着剤を含め、全て環境基準を満たした
フォースターの物を使用しています。
また今回は溶剤を使用した、ゴム系の接着剤も使用していません。
時間が経てば、匂いが少なくなっていくことは考えられます。
ただお客様からは、事前にタオルなどを収納することを聞いていたので
なにかしら対策をとっておく必要があったのかもしれません。
それで思い出したのが、取引のある材料屋さんが紹介していた、
匂いの少ないポリエステル合板のことです。
日々、家具製作をしているせいか、ポリエステル合板の匂いについて
慣れてしまっていたため、その時は無臭ポリエステル合板について言われても
いまいちピンと来ませんでした。
ただご指摘頂いた以上、今後は考えなくてはいけません。
私の知っている限りでは、無臭ポリエステル合板を使用している家具屋さんは
少ないと思います。
知名度の低さや、価格が高価なことに原因があると思います。
すぐに全てを無臭ポリエステル合板にする訳にはいきませんが
少なくとも、キッチン関係の物や、衣類収納関係の物には使用していきたいと思います。
ゆくゆくは全てを、無臭ポリエステル合板に変更していくつもりです。
*現在は臭いの原因となるエチレンを含まないノンエチレンポリを
 標準で使用しています。

よりよい家具を作る為にも、一般的な環境基準以上に
独自の基準が必要になってくることを感じました。
J様にはご迷惑おかけしてしまい、申し訳ございませんでした。
とても反省と勉強になった、1日となりました。
walden (オーダー家具、設計製作)

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です