テレビボードの納品(さいたま市K邸)

テレビボード

先日、さいたま市K邸にテレビボードの納品に行ってきました。

 

ルーバーのテレビボード。右側にはソファが設置しているため、扉ではなく天板が開くようになっています。

家の建設段階からご相談を頂き、ソファのサイズや位置などを考慮して全体のイメージを決めました。

幅木はブラック。少し浮いたような印象です。

 

 

 

テレビボードの納品(板橋区S邸)

テレビボード

板橋区S邸にテレビボードの納品に行ってきました。

壁に補強を行い、フロートタイプにしました。

引き出しやプリンター収納等の要望にもお応えしています。

 

幅は3.8メートル。木目を通すための長い材料をキープしていたのですが

それの在庫も段々と少なくなってきました。また、探さねば。。

3.6メートルまででしたら比較的手に入ります。4メートルはなかなか無いですね。

薪ストーブ

ヨツール 薪ストーブ

内装設計、施行をした八王子の家。

 

薪ストーブの設置工事に立ち会ってきました。

機種はヨツールのF520。3面がガラスになっているので、いろんな角度から火を楽しむ事が出来ると思います。

シンプルですが、作りはさすがヨツール。細部にこだわりを感じました。

 

ストーブの背面は大谷石を施行しました。

時間が経つともう少し黄色みが強くなるので、より全体の一体感が強くなると思います。

 

テレビボード

工房では、2台のテレビボードの製作が同時進行しています。

1台は今週納品。もう1台は来週納品の予定です。

壁面収納の納品(武蔵野市A邸)

壁面収納

武蔵野市A邸に壁面収納を納品しました。

 

壁から壁まで4.3メートル。右側を背の高い収納に。

左寄りにテレビを設置。

配線が見えないようにパネルを固定した後、壁掛けにしています。(配線はパネルの中を通ります)

全体のバランスや奥行は、圧迫感が出ないように考慮して設計しました。

シンメトリーでは無いデザインもウォルデンの得意とするところです。

 

他にも幅3メートルのデスクカウンターや食器棚。本棚を納品させて頂きました。

八王子の家

新築

八王子の家

 

家の外部と箱の部分を、設計事務所と工務店が担当し

内装デザイン施行をウォルデンが行う新しい試みをしました。

 

何度か設計変更をした階段は、とてもお気に入り。

手摺の形状も以前から考えていた案を採用しました。

 

 

パントリー

パントリーとインターフォンのニッチ部分は、木部のエッジを細く見せています。

 

明日、八王子の家の内覧会があります。

設計事務所関係者のみとなっております。御了承ください。

製作中

壁面収納

大きな壁面収納を製作中。良い感じです。

 

ショールームにも納品前の家具が溢れてきました。

たくさんご注文を頂いてますが、良いペースで仕事ができています。

ベッドサイドテーブルの納品(武蔵野市U邸)

サイドテーブル

武蔵野市U邸にベッドサイドテーブルの納品に行ってきました。

 

以前、テレビボードとローテーブルを製作させて頂いており、追加での納品となりました。

ベッドの両脇に設置された様子は、すっと部屋に馴染んでいました。

 

華奢な印象にしたく通常よりも板厚を薄くし、つまみも小振りな物を選びました。

天板にはコンセント、三方に立ち上がりを設けています。

小さい家具ですが、品の良い感じに仕上がったと思います。

オーダー家具

ソファの検証

製作予定のソファについて、クッションをお客様といっしょに検証しました。

ソファは、本当に奥が深い。クッションの組み合わせだけで何通りあるのだろう。

最高のソファを作りたいと常々考えています。

 

 

クヴァドラ

今回は、ファブリックにクヴァドラ社のものを使用する予定です。

ラフシモンズとのコラボレーション。とても素敵な生地です。

 

僕の実家は、和室が多く、リビングと呼ばれる部屋がありませんでした。

それゆえリビングに憧れがあり、リビングの象徴ソファには強い関心がありました。

生涯をかけて研究していきたいです。

チェストの納品(府中市A邸)

オーダー家具

府中市A邸にチェストの納品に行ってきました。

 

A様からは、リピートでご注文頂いており、3度目の納品となりました。

壁ぴったりで製作。サイドからは、配線を通しテレビを置く事も出来るようになっています。

引き出しの手掛けは、北欧のチェストの取手を参考にしています。

実際に使い易いサイズで、デザインにおとし込みました。

 

住みつつ、必要な家具を揃えていくのも良い選択ではないでしょうか。

壁面収納の納品(鎌倉市N邸)

壁面収納

鎌倉市N邸にチェリーの壁面収納の納品に行ってきました。

上段のオープン収納は現地で組み立て。

壁と壁いっぱいなので、段取りを考えて設置作業を進めます。

順調に作業は進み、夕方に設置が完了しました。

 

シンプルで、使い勝手の良い収納になったと思います。

チェリーは経年変化で深い飴色になります。時間が経つにつれ重厚感が増して行きます。

 

作って、ばらして、組み直す

オーダー家具

大きめな壁面収納。

 

完成後、上段は一旦、板の状態にばらして現地で組み直します。

一体では搬入が出来ないからです。状況によって制作方法を変えています。

 

現場が大変なのですが、余分なジョイントがでないので、こちらの方がかっこよく仕上がります。

デザインと設計

デザインについて。

僕はどこかでデザインを学んだ訳ではなくて、独立して初めて設計を始めました。

ウォルデンでは、基本的にデザイン(設計)から製作、納品まで全てを行っています。

デザインとは何?という議論がよくあるのか分かりませんが、

設計側になって僕の考える所のデザインは、選択だと思っています。

まず、家だったら壁と屋根があって、、といったような制約があります。

その制約を加味した上でいくつかの要素を選択をして行くのがデザインだと思います。

 

デザインをしている上で注意しているのが、洗練されているかどうか。

家具自体は10年20年50年もったとして、デザインもその時代、時代にフィットしてほしいなと考えています。

シンプルな物は飽きがこなく、長く愛されるのでは無いか。

主に木を使った家具を作っているので、木目の力強さや暖かみが、味付けをしてくれて、シンプルでも素っ気無い物にならないのが良い所です。

 

もう一点注意しているのが、おおらかさ。空間にそれが置かれる事によって、視覚的に窮屈さを感じないか。

ゆとりのある空間になるかということを考えています。

 

そんなことを物作りに反映させていきたいです。

テレビボードの納品(世田谷区S邸)

オーダー家具

先日、世田谷区S邸にテレビボードを納品に行ってきました。

デスクとの一体感を出すように天板を重ね、デスクの奥行を少し下げることによって動きのあるデザインにしています。

並べるだけですと、とって付けたかのようになってしまいがちですが、上手くまとまったと思います。

 

他にも、同じウォールナット材で食器棚も納品させて頂きました。

設置も順調に進み、9時頃から開始、お昼過ぎにはおおよその設置が完了しました。

 

今日は2件の打ち合せがありました。週末の納品が多くショールームの営業日が確定出来ない日が続いておりますが

予約制にてショールームを営業しております。お気軽にご予約ください。

終盤

内装設計を行っている家が終盤に差しかかってきました。

階段と手摺もイメージ通り。

 

マンションのショールームのような部屋には惹かれません。

普段のふとした瞬間、良いなぁと思える家が、僕の思う理想の家です。

この家もきっとそうなってくれると思います。

 

家具も同じで、リビング収納の間接照明や

ぱっと見、きらびやかな装飾もほとんど提案しません。

主役じゃ無くてもいい。何年か経ったときに良いなぁと思える物を作って行きたいです。

 

家具が置かれる事によってどう暮らしが豊かになるか。そんなことばかり考えています。

本年もよろしくお願いいたします

家具職人

2018年は、キッチンの製作からスタートしました。大物です。

本年もよろしくお願い致します。

例年、年度末は注文が大変込み合います。通常より納期を頂く場合がございますので、御了承ください。

 

 

2017

本年は、数多くの家具の製作に携わらせて頂き、ありがとうございました。

特にここ2ヶ月は慌ただしく、反省することも多かったです。

年末に以前からやりたかったことのサンプルを作れた事が、家具製作以外での収穫となりました。

 

新しいプロジェクトもいくつか始まっています。

来年はもっと面白くしていきたいと思います。

 

 

 

壁面収納の納品(草加市K邸)

壁面収納 テレビボード

草加市K邸に壁面収納(テレビ台)の納品に行ってきました。

収納の右側に開き戸があり、そちらを使えるぎりぎりの幅にて製作をさせて頂きました。

 

本体、扉はオークで製作。

K様より写真のイメージを頂いていたので、なるべくイメージに近づけるように

横に広がるよう、高さを抑えて製作させていただきました。

テレビボードの納品(中央区F邸)

テレビボード

先日、中央区F邸にテレビボードを納品させて頂きました。

中央の扉はブラックのアルミフレームにブロンズガラスの組み合わせ。

他は、メラミン化粧板で製作させて頂きました。

 

テレビは壁掛にし、すっきりした印象になっています。

 

壁面収納の納品(武蔵野市I邸)

壁面収納 オーダー家具

武蔵野市I邸に壁面収納の納品に行ってきました。

 

本体はメープルの突板。扉はメープルの無垢材で製作させて頂きました。

幅は壁から 壁まで4mのビッグサイズです。背面もメープルで製作すると重くなってしまうため

一部背面を抜いて軽さをだしています。

 

無垢材は突板に比べて反りがおきやすく高価です。

木目の力強さは、突板に比べ無垢材の方が雰囲気があります。一長一短なのです。

チェストの納品(府中市M邸)

チェスト 

サイドボードと同時に納品をさせて頂いたチェスト。

同じくチェリーで製作をさせて頂きました。

 

ショールームに置いてある物のサイズ違いです。

玄関に置くと絵になりますし、鍵を入れたりするのにも、ちょうど良い高さだと思います。

サイドボードの納品(府中市M邸)

チェリー チェストオーダー家具

府中市M邸にチェストの納品に行ってきました。

チェリー材で製作。天板にコンセントや配線孔を設けるなど、使い勝手も考慮しています。

本体と天板はチェリーの突板ですが、引き出しの前板は無垢材で製作しました。

木目の繋がり、手掛けの隙間がデザインのアクセントになっていると思います。

テレビボードの納品(朝霞市S邸)

テレビボード オーダー家具

朝霞市S邸にテレビボードの納品に行ってきました。

ワイドは壁から壁まで5300ミリ。今まで製作させて頂いてるテレビボードの中でも大きなサイズです。

主張しすぎる事はありませんが、しっかりリビングの主役になったと思います。

 

写真はありませんが、一昨日、店舗に納品をしたのは長さ13メートルのベンチ。いろいろと大きいのが続きました。

 

現在、ご相談を頂いている図面の提案が遅れています。恐れ入りますがもう少々お待ちください。

食器棚、カウンター収納、テレビボードの納品(杉並区N邸)

食器棚 オーク

カウンター収納

テレビボード オーク

N邸のダイニング及びリビングに設置させて頂いた家具はオークで統一。

 

食器棚の吊り部分は、引き戸で半透明の樹脂板を使用。

下台の天板はキッチン合わせの御影石。

 

カウンター収納は、キッチンは手元が隠れるように高くし、キッチン側から収納として使えるようにもなっています。

 

テレビボードは左側にフラップダウンタイプのデスク収納を設置。

大型テレビを壁掛できるように金具の取り付けも行いました。

 

各所にN様のこだわりを詰め込んでいます。

私自身、あまり提案に盛り込まない事例も多く、また複雑な構造もあり、製作サイドとしても大変勉強になりました。

壁面収納、本棚の納品(杉並区N邸)

壁面収納 ウォールナット

本棚 ウォールナット

杉並区N邸に壁面収納、本棚、テレビボード、食器棚、カウンター収納の納品に行ってきました。

大小含めておよそ10台の家具を製作。ひとつのお宅としては過去最大のボリュームとなりました。

設置も引っ越し前に数回に分けて行いました。

 

書斎に設置させて頂いた、本棚とデスクを兼ねた収納。壁に沿わせL型に製作しています。

反対側には、吊り本棚。こちらもかなりのボリュームがあります。

一体では搬入出来ない為、特殊な金具を用いて製作しています。

 

他の収納も含め書斎はウォールナットで統一しています。

食器棚の納品(足立区I邸)

食器棚 オーダー家具

テレビボードと同時にI邸に納品をさせて頂いた食器棚。

 

素材をテレビボードと同じく、チェリーで製作しました。

吊り戸棚は、ショールームと同タイプ。ブラックの上開きガラス扉です。

エッジのフレームが細く見えシャープな印象に仕上がっています。

 

仕切り

引き出しの上段には、仕切りも入れました。

 

食器棚、テレビボードとも、大変気に入って頂けたようでとても嬉しく思います。

テレビボードの納品(足立区I邸)

テレビボード チェリー

先日、足立区I邸にテレビボード、食器棚、吊り戸棚の納品に行ってきました。

 

テレビボードは、オリジナルのルーバータイプ。チェリーで製作しました。

足元の幅木はブラックで存在感を無くすように。

テレビボードを背面ぴったりにつけても、テレビの線が通せるように幅木と本体に工夫を施し

線がなるべく露出しないようにしています。

キッチンと食器棚

キッチン

キッチン サブウェイタイルキッチン

食器棚

国分寺市S邸にキッチンの面材交換。食器棚の納品。タイル施行に行ってきました。

 

もともとは、通常のマンションタイプのキッチンでダイニング面にも壁紙が貼られていました。

オーダーキッチンのような雰囲気を出すため、壁面に突板を貼り、引き出しの前板も新たに作り直しています。

レール等は既存のままです。

 

食器棚は、一から製作。取手は、真鍮で特注品です。キッチンの引き出しも合わせて同じ物を使用しました。

飾り棚を設け、タイルは、グレー目地でサブウェイタイル風に仕上げています。

 

ビフォー、アフターの写真があれば分かり易かったのですが、以前よりかなり雰囲気が変わりました。

キッチンの面材貼り、扉交換は、一日で完了します。お住まいになりながら交換できるのも良い点だと思います。

ショールームのご案内

ウォルデン walden

次回のショールームは、11/4(土)予約制にて営業予定です。

ご予約も入ってきておりますので、打ち合せ希望の方は、お早めにご連絡ください。

土日の納品が続いているため、営業日が少なくなっております。ご迷惑おかけして申し訳ございません。

平日でしたら、空きもございます。お気軽にご予約ください。

 

見積もり希望の方は、メールフォームからもお見積りお受けしております。

テレビボードとキッチン

 

オーダーキッチン テレビボード

オーダーキッチン

テレビボード

以前納品させて頂いた八板建築設計事務所様より施行写真を頂きました。

 

キッチンは、コンクリートブロックやコンクリートでできた面材とステンレスの無機質な組み合わせ。

テレビボードは、オークと藤の組み合わせ。過去最大級の幅でした。

テレビボード、ローテーブルの納品(武蔵野市U邸)

オーダー家具 テレビボード

ローテーブル オーダー家具

武蔵野市U邸にテレビボードとローテーブルの納品に行ってきました。

 

テレビボードは、電気屋さんとオーディオサイズを相談しながらサイズを決めました。木の質感が感じられる木目を選びました。

ローテーブルは、ワイド400ミリと小振りなサイズ。真鍮のつまみをアクセントにこだわりをぎゅっと詰め込んでいます。

 

今回、納品させて頂いたお家は、僕の大好きな建築家の設計の住宅でした。

その一部にウォルデンの家具を使って頂ける事と、写真ではなく実際に建てられたお家にお邪魔し

空間を感じられることができてとても嬉しかったです。