サイドボード あきる野市O邸

丹澤工務店さんからの依頼でキッチンの背面にサイドボードを製作しました。

素材は床材と同じチェリーを使用。最近チェリー材の人気が高まっているように思います。

経年変化によって濃い飴色になるチェリーは他の材にない魅力があります。

経年変化が早いゆえ、扱いが他の木と比べて難しいところもありますが、ウォルデンとしても、今おすすめしたい木材です。

幅はキッチンと同じ幅に合わせ、天板の高さも台輪を削って調整しました。

綺麗におさまってよかったです。

洗面収納 葉山町K邸

K邸の洗面収納をリフォームしました。

元々は天板と棚板のみの構成の洗面収納に、新たに引き出しとキャクターワゴン、ミラーの横に吊り戸棚を設置しました。

天板と同じウォールナットを使用。

完成した後だと見えませんが、既存の配管との絡みが難しかったのですが、スペースの無駄がないように設計しました。

初めから引き出しがついていたかのような作りになったと思います。

ラタンキャビネット

ショールームのラタン扉のキャビネット。

レコードが聞けるようにレコードプレイヤーをセッティング。

BOSEのオーディオはCDが壊れてしまい、ブルートゥースのスピーカー替わりです。

ラタンキャビネット 福岡市N邸

オークとラタンの組み合わせで製作したキャビネット。

今回は素朴な表情の四つ目編みのラタンを使用しました。

つまみは真鍮の小ぶりなものをセレクト。

脚は特注のスチールです。左右と中央にも脚があります。

ウォールシェルフ

ショールームに新しい家具を作りました。

キャビネットと棚板の組み合わせ。浮かせたことによって軽さを意識したオークのウォールシェルフです。

こちらの家具をを固定する場合、背面の壁が補強壁(12ミリ程度の合板壁)になっている必要があります。

マンションや戸建て、リフォームの場合は、通常補強壁になっておりません。

購入時、オプションのタイミングでご相談いただきましたら、アドバイスをさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

ワードローブ 大田区I邸

I様がウォルデンのショールームにいらっしゃっと時、寝室の扉に使用したいとお選びいただいたのが、くるみでした。

僕の印象では素朴な木と言うイメージがあり、木取りをしている時も、組み立てているときもそのイメージはずっと変わりませんでした。

いざ、取り付けてみると、今までの印象と違って、とても良い佇まい。

素朴ながらも静かな主張を感じました。寝室にはとても良いと思いました。

照明はダウンライトを応用した、開けると光る仕様になっています。

玄関収納 大田区I邸

大田区I邸のマンションリフォームに合わせて家具を納品させていただきました。

玄関収納は、オーク材を使用。

真鍮の丸いつまみをアクセントに天板はネオリスのセラミックストーンを使用しました。

マットな質感が特徴です。

リフォームの設計と管理は、たまむし一級建築士事務所の押木さん。

家具はI様からの直接のご依頼でした。

サイドボード 世田谷区I邸

先日のデイベットと一緒に世田谷区I邸には寝室にサイドボードを納品させていただきました。

幅3600ミリのサイドボード。チェリー材で製作しています。

チェリー材は経年変化が早く(すぐに色が濃くなります)ウォルデンでは完成後、1週間から2週間くらいショールームで色を落ち着かせてから納品しています。

ちなみにブラックチェリーと言われている材も弊社で使用しているチェリーも同じ材です。

ブラックチェリーと言った方がなんとなくカッコいいような気もします。

引き出しは衣類収納。扉部分はレコード収納となっています。

窓の下に納まったことで、スッキリとした印象になったと思います。

ワゴン 世田谷区W邸

世田谷区W邸にキャスター付きのワゴンを納品しました。

以前にチェストを納品させていただいたW様。

チェストはカトラリー収納でしたが、今回は文房具を収納されます。

使用用途がはっきりとした家具です。

天板には、アイボリーのリノリウムを貼っています。

納品した直後からすっかり家の雰囲気に馴染んでいました。

納品後には、料理上手なW様のご飯をご馳走になり、楽しい時間を過ごさせていただきました。

この度はありがとうございました。

CD収納 つくばみらい市K邸

ウォールナットで製作をしたCD収納。

4ハイ分の引き出しには、 CDを飾ることができます。

ガラスには、UVカットフィルムを貼りました。

引き出しはCDが入る奥行きに区切られており、大容量の収納になっています。

こちらの収納の上にオーディオを置かれるとのことです。

それもまた、良い雰囲気になると思います。

要望に応えつつ、どうやってウォルデンの家具らしさをだせるか、いつも挑戦です。

チェスト 世田谷区W邸

世田谷区W邸にカウンターの下に置く小ぶりな引き出し収納を納品しました。

メープルは経年変化によって、黄色味が出てきますので、より今の空間に合いそうです。

なるべく主張のないデザイン。周りの縁を細く見せる加工を施しています。

仕事柄、いろんなお家にお伺いさせていただくことが多いのですが

センスの良い人ってW様の事を言うんだなってくらい素敵な空間でした。

初めてお伺いした時から時間がゆっくり流れているような感覚でついつい長居してしまいます。

暮らしの一部にウォルデンの家具を迎え入れていただき、嬉しく思います。

ラタンサイドボード

オークとラタンを組み合わせたサイドボード。

ラタン部分は透けすぎないように裏にすりガラスを入れています。

この軽快感はラタンならではの魅力です。

ショールームに展示がございます。

ワゴン収納

チェリーで製作したキャスター付きワゴン。

小ぶりな真鍮のつまみがアクセントに。

天板はブラックのリノリウム。四方の回し縁はRの形状にしています。

サイドボード 港区C邸

チェリー材、框扉のサイドボードを納品しました。

本体は突板ですが、框と框の鏡板は無垢材で製作しています。

つまみは真鍮です。

幅1300ミリ高さ1300ミリ奥行き480ミリと写真では伝わりにくいのですが、ボリュームがあります。

一体では搬入ができないので、分割で製作し現地にて組み立てました。

一番左の扉は、掃除機がぴったり収納できるようになっています。

ゆくゆくの使い方も考え、棚板を置けるように棚ダボも埋め込んでいます。

飾棚 杉並区S邸

マンションの壁に飾棚を設置しました。

正面からは見えませんが、手前が転びどめになっており少し段差がついています。

金物を見せない方法はいくつかありますが、壁の構造やサイズ、乗せるものによって変えています。

今回は壁が仕上がっている状態での設置。クロスに傷がつかないように気をつけながら現地で削り合わせて取り付けしました。

ぴったりに仕上がると気持ちが良いですね。

ラタントール収納 小平市K邸

大容量のトール収納。チェリーと籐の組み合わせです。

藤はそのままの色味ですと黄色味が強くメリハリが強くなってしまうため着色を施しています。

真鍮のつまみは小さいながら、引っ掛かりがあるので開けやすく

丁番はウォルデンでは標準のソフトクローズタイプになっています。

K様は昨年、大きなサイドボードを製作させていただきました。

昨年を振り返ってみても、仕事の何割かはリピートでのご依頼。

以前製作をさせて頂いたお客様に、多く支えられてるのだと実感した一年でした。

チェリーのサイドボードは少し焼けて男前になっていました。

サイドボード 小平氏K邸

小平市K邸にテレビボードとデスクを兼ね備えたサイドボードを納品しました。

テレビとモニターの配線と下地補強から始まった今回のリフォーム。

扉はチェリーの無垢材を使用。本体は突板を使用しています。

小さな窓の扉もチェリーと藤の組み合わせにて製作させていただきました。

吊り戸棚の扉は、オリジナルの薄いグレージュカラーにてウレタン塗装を施しています。

吊り戸棚のサイズには悩みましたが、原寸のダンボールの型を用意して、現地にてバランスを確認しました。

吊り戸棚の上と飾棚の下には、LEDの間接照明を用意し、手元を明るくするスポットライトも設置しています。

壁紙はウォルデンで何度か使用しているダークグレーのクロスを使用しています。

K様は家を購入された数年前からウォルデンのことを気にかけていただいたそうです。

間仕切り壁、撤去のリフォームが終わった後、スペースを用意してウォルデンにご依頼いただきました。

ずっと気にかけて頂いたことも嬉しいですし、それに応える家具を製作できたこともよかったです。

家具を眺めている時間も楽しいとK様はおっしゃっていました。

before

サイドボード 鴻巣市O邸

鴻巣市O邸にサイドボードを納品しました。

オオテの四方がテーパーになっている定番のサイドボード。 

 

扉はオークの無垢材で製作。真鍮のつまみがアクセントになっています。

一部をトール収納にして引き戸にはチェッカーガラスを仕込んでいます。

住宅のリフォームの完成に合わせた納品でした。

O様は完成をとても楽しみにしていたようで、天井の小型のダウンライトは、角度を調整してサイドボードも照らせるようになっているそうです。

完成したサイドボードもとても気に入っていただきました。

素材の魅力を活かしたシンプルな家具になったと思います。

サイドボード 江東区U邸

U邸にウォールナットのサイドボードを納品しました。

全てプッシュオープンで一番右の扉はブラックガラスになっています。

背面のアクセントクロスも提案をさせていただきました。

ウォルデンの家具は去年より少し仕様を変えています。

より木の魅力が感じられる作りになっています。

キッチンカウンター 町田市F邸

幅2400ミリのキッチンカウンター。

広い空間に負けないように、天板と側面はボリュームのあるオークの無垢材を使用しました。

両面使いでダイニング側は引き戸と引き出しの組み合わせ。

キッチン側はオープン収納がメインになっています。

天板の見えないところには、木材の反りを対処する工夫を施しています。

力強さと品を兼ね備えた、魅力的な家具になったと思います。

リフォーム 文京区H邸

中古マンションを購入されたH様。

当初、真っ白なお部屋だったのですが、木の暖かみを感じられる部屋にしてほしいとのご要望を受け、リビングとダイニングを中心にリフォームしています。

ただ木を使えば良いわけではないので、バランスと質感を考慮して配分を決めました。

天井にレッドシダーを貼り、シーリングランプをダウンライトの調光タイプに変更しました。

リビングボードと建具を製作。背面の石貼り。コンロ裏の飾棚の設置。キッチンの面などウォルデンで施工しています。

冬でも日当たりの良い暖かいお部屋で、完成後もついつい長居したくなってしまいました。

 

12/30〜1/4までウォルデンは冬季休暇となります。

休み中もコンタクトフォームよりお気軽にご相談ください。

本年も数多くのご依頼ありがとうございました。

どれも思い入れのあるものばかりです。

来年もよろしくお願いいたします。

カウンター収納 板橋区N邸

ブラックガラスとウォールナットのカウンター下収納。

サイドパネルも設置し、オーダーキッチンのように施工しました。

背面の食器棚も以前弊社で納品をさせて頂いたものです。

ダイニングからの見え方が変わりました。

ビシッと取り付けをしたカウンター下収納。

後で中の仕切りの仕様が間違っていることが判明。後日修正したものと交換する予定です。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

以前納品した食器棚やテレビボードも大切にご使用いただいている様子が見れて嬉しかったです。

ブラックガラスシェルフ

オークのフレームにブラックガラスを落とし込んだシェルフ。

本棚や飾棚にも。部屋の間仕切りにしてもおすすめです。

サイドボード 新宿区D邸

四方枠がテーパータイプのリノリウム扉を使用したサイドボードを納品しました。

右がオーク左がリノリウムとコントラストを設けています。

ショールームにもサイズ違いのものを展示させて頂いており、実際の家具をご確認頂き製作させていただきました。

D様はこの部屋に設置するサイドボードを1年近く探していたそうです。

数ある家具屋の中、ウォルデンを選んでいただき、大変嬉しく思います。

すっきりと快適な空間にしたい。そんなご要望に応えられたのではないかと思っています。

サイドボード 中央区K邸

昨年リフォームをさせて頂いたK邸にサイドボードを納品させていただきました。

オークとグレージュのリノリウムの組み合わせ。

四方の枠がテーパーになっているウォルデンでも何度か展開をさせて頂いているお気に入りの形です。

引き出し多めで真鍮のハンドルを組み合わせました。

ご相談いただいているソファも間もなく納品予定です。

何度もリピートいただきありがとうございました。

キャビネット 江東区N邸

書斎にキャビネットと吊り戸棚を納品させていただきました。

リモートワークの中心となるお部屋の壁面に設置。

より仕事のしやすい環境にとご注文いただきました。

オークと小ぶりな真鍮つまみの組み合わせ。本体の四方の枠がテーパーになっています。

一番深い引き出しは書類が入るように設計しました。

N様は食器棚と別のキャビネットを製作させていただいており、二度目のリピートのご注文です。

以前納品した家具をお使いいただき、またご注文いただけたこと嬉しく思います。

テレビボード 中央区K邸

タイルのように配置したウォールナットが印象的なキャビネットタイプのテレビボード。

自然の木材だからこその色味や木目のムラが引き立つ様に設計しました。

静かで美しい家具になったと思います。