休日


お盆休みの予定もちらほら聞こえてきそうな、今日このごろですが、
waldenは、8月、通常通りの営業の予定です。
お盆中の家具のご相談。お待ちしております。
その代わり、9月に少しまとめてお休みを頂こうと思っています。
最近に限ったことではないのですが、
日曜が打ち合せや納品の時は、平日お休みを頂いています。
今週も中頃、行きたかった展覧会に足を運ぶ予定です。
最近の八王子は蒸し暑い日が続きます。
ご近所さん情報によると、蒸し蒸しする暑さは、
8月上旬頃までということなので、もう一踏ん張りです。

本棚、サイドボード、ダイニングテーブルの納品

目黒区M邸に納品に行ってきました。



取り付けは、昨日完了していたので、
今日は仕上げに行ってきました。
本棚は、幅が4200ミリとかなり大きなサイズ。
サイドボードも長さが3500ミリあります。
全体にチェリーの厚突きを使用。
扉などには、チェリーの無垢材を使用しています。
ダイニングテーブルはナラ材です。
目黒といえば、インテリアショップが多く並ぶ
家具の激戦区です。
M様は、何店かインテリアショップに足を運んだそうですが
納得できるショップと巡り会えず
わざわざ八王子のwaldenまでお越し頂きました。
扉は、取っ手をつけず、すっきりとした意匠です。
今回は、特に全体のバランス配分に気を使い
10年先を考えデザインしました。
家具自体が20年先、30年先まで持つかということも大切ですが
デザインも同じように、その時代に合っているか、ということも
同じくらい大切なことだと思います。
あまり先のことまで考えられませんが
10年先のことは、考えて家具の設計をするように心がけています。

花火

今日は、目黒区M邸の家具の納品でした。
作業は予想以上に順調に進んだのですが、
金具を忘れてしまったり、仕上げが残ったりで
明日に持ち越しとなってしまいました。
(なので写真はありません)
帰りの高速では、遠くに花火が
上がっているのが見えました。
暑さでは、十分に夏を感じていますが
目にも夏を感じられるのは良いですね。

チェリーの魅力


久しぶりに製作したアメリカンチェリー(ブラックチェリー)の家具。
最近はナラが多かったのですが、チェリー、良いですね。
しっとりと品があって、存在感もあって。
小さな木材サンプルは、よく見てるのですが
大きな面になると見え方もだいぶ違います。
さて、明日は、納品。
これからも何点かチェリーの家具が続くので
製作が楽しみです。

木目


木目のつながりを意識した扉。
図面には書いていませんが、木目もデザインの一部です。
納品のときに、特に説明しなかったりなのですが、
それでも気づいて頂いたときは、やっぱり嬉しいです。

追加工事

先日、U邸の追加工事で、家具の内部に
電話線の配線の加工をしてきました。
その他の工事もあわせて、2時間ほどで完了。

前回は、引っ越し前で見れなかった
パソコンを家具に収納した様子。
ピッタリ!
モニターのすぐ下には、キーボード用の
スライドテーブルが収納されています。

2年

今日でwaldenを始めて2年がたちました。
まだまだ、ひよっこですが、毎日が少し楽しくなる
暮らしに寄り添った家具を、日々作っていきたいと思います。
3年目も張り切っていきます。
そして、こちら。
野衣は7ヶ月。

赤ちゃんの時期って、あっという間ですね。
成長の過程を見るのは、楽しいです。
もうちょっと赤ちゃんでいてくれても良いのになぁ。とも思うのですが
それは、親の勝手ですね。

テーブルの脚


厚さ120ミリ。 特別に厚いナラ材。
こちらを、なるべく厚さが残るように仕上げ
ダイニングテーブルの脚に使用します。
大きな脚のダイニングテーブル
何本かの材を接着して、厚みを持たせているものがありますが、
こちらは、1本の木から取れた分をそのまま使用します。
(特別なことはしません)
厚い貴重な材は、そのままでもオブジェになりそうな
圧倒的な迫力があります。
事務所には、今回製作させて頂く、ナラのダイニングテーブルの
サイズ違いを設置しています。
ホームページでも紹介していないので
事務所にお越しの方は、是非チェックしてください。

塗装の適材適所

最近は、天気がよいので塗装がすぐに乾きます。

ウレタン塗装の下塗りが完了。
これから研磨をして平面出し(これがなかなか大変)
その後仕上げの塗装をします。
waldenの家具は、主にウレタンクリア塗装で仕上げます。
家具において塗装は、とても重要な役割を果たします。
無垢の家具の場合は、オイルフィニッシュで仕上げる場合もありますが
突き板の家具の場合は、しみ込んだ汚れの修理が難しいため
塗膜を形成するウレタン塗装、もしくは、ラッカー塗装の方が
適していると思います。
特に水場となるキッチン周りや洗面所などになると、なおさらです。
無垢材はともかく、なんでもかんでもオイル仕上げにして
良いと言う訳ではありません。
家具を長く使って頂く為にも
その素材や場所に適した塗装が必要なのです。

  • 1
  • 2