ローテーブル 高津区A邸

以前、壁面収納を作らせていただいたA邸にローテーブルを製作させていただきました。

壁面収納と同じチェリー材を使用。

脚先に真鍮のソックスを履かせました。

壁面収納のハンドルにも真鍮を使っているため、空間に一体感が出ると思います。

朝のショールーム

ウォルデンのショールーム。

朝一が天窓から良い光が入るんです。

テレビボード 江東区M邸

8年前に製作をさせていただいた長いテレビボード。

お部屋のリフォームをすることになり、ウォルデンはテレビボードの一時撤去、お預かり、再設置を担当させていただきました。

時間が経っても長く使っていただけることは、嬉しい限りです。

その後も千代田区の別のお客様で、5年前に設置させていただいた家具がぐらぐらするということで、固定のし直しに伺いました。

以前製作をさせていただいた家具も、近くの現場に行くタイミングなどお時間をいただければ、費用を頂かなかったり、修理をお安くすませる事ができる場合がございます。

自分たちが作った家具に対して、責任を持って対応いたしますので、不具合などございましたらお気軽にご相談ください。

ギャラリー什器 gallery kasper

明日、4/13から葉山のgallery kasperで始まるRobert Cooper Solo Exhibitionの展示什器の製作と設営のお手伝いをさせていただきました。

オーナーの青木さんからご相談いただいたのは、作品の背面が見えるように回遊できる大小の楕円の什展示台。

ロバートさんの住むイギリスで見た鮮やかな色を使いたいとの事でした。

塗装には発色の良いイギリスの塗料メーカー、ファロー&ボールの塗料を使用しました。

今回のRobertさんの展示は、コンセプトに創造的再利用とキャンドルスタンドという道具的な役割があると思っています。

それとユーモア(これが大事)が作品に見られます。

ぜひ、葉山に足を運んでいただけたらと思います。

george peterson wood bowl

葉山のギャラリーkasperでジョージピーターソンのボウルを購入しました。

ジョージピーターソンは、スケートカルチャーをバックボーンに持つ彫刻家で、

日本で取り扱いのあるのは、playmountainと富山のCARGOくらいだと思います。

いつもお世話になっているkasperでCARGOのポップアップショップ。という個人的にはとても熱いイベントで、ずっと欲しかったジョージピーターソンのボウルを手に入れました。

ジョージピーターソンのボウルの何が良いかというと、まずその大きさです。

ウッドボウルにしてもかなり大きい。

背景にあるスケートカルチャー。

また、荒っぽいところも魅力のひとつかなと思っています。

KO52

京王高尾駅南口の商業施設、KO52のエントランス家具の製作をさせていただきました。

クラフトビールとコーヒーショップが入る2階部分です。

デザインはアワーカンパニー。設計の編集、製作はウォルデンが行いました。

4/1からオープン。4/11グランドオープンです。

高尾にお越しの際はぜひ行ってみてください。

内装をさせていただいたミハラキッチンさんも駅を挟んですぐです。

そちらもぜひ。