家具と言っても、それに使われる素材は様々です。
waldenでは、独自の環境基準を設け
素材にもこだわって家具を製作しています。
今回は、その素材について少し説明させて頂きたいと思います。
walden では、無垢材や突き板を使用した家具を得意としています。
無垢材とは、木そのものを、割ったり切ったりして加工した材のことを言います。
左からナラ、ウォールナット、チェリー
見た目の雰囲気は抜群です。
反りや材の伸縮などを考慮して加工する必要があります。
次に突き板ですが、突き板とは無垢材を薄くスライスし
合板に貼り合わせたものです。
無垢材特有の反りや伸縮を抑えることが出来ます。
雰囲気は無垢材に比べ平面的な印象です。
突き板の中でも、スライスの厚み分を増やした
厚突きという、より無垢材に雰囲気が近い
突き板を使用することもあります。
突き板以外の合板でよく使用するのがポリエステル化粧合板です。
ホワイトの家具などには、主にポリエステル化粧合板を使用します。
いわゆる木目プリントなどの合板も、ポリエステル化粧合板が多いです。
(ポリエステル化粧合板については、また次回)
左上から右に、チェリー突き板、ウォールナット突き板、ナラ突き板
左下から右に、ポリエステル化粧合板、塗装済みシナ突き板
walden では、外観にナラやチェリーなどの突き板を使用し
内部に塗装済みのシナの突き板を使用するパターンが多いです。
内部まで、同じ突き板を使用したい所ですが、素材の価格が高価なため
扉などで隠れてしまう部分には、シナという比較的安価な素材を使用します。
ポイントは、塗装済みのシナを使用するということです。
普通のシナは、素材の毛羽立ちが強いため
大げさな言い方をすると、触っただけで汚れが付いてしまいます。
waldenでは、汚れの付きにくい、塗装済みのシナを
本体内部や引き出し内部に使用させて頂いています。
写真のナラやチェリーなどの突き板のサンプルは
たくさん用意があります。
オーダー家具をご検討の方は
無料で差し上げますので、お気軽にご連絡ください。

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です