木曽ひのきを使用して箱型の神棚の製作をしています。
以前僕の学んだ家具の学校も木曽にあったのですが
材料としてひのき材を使うのは今回が初めてです。
様子をみるために少し削ってみたのですが工場が良い香りで満たされました。
木は種類によってぜんぜん違う香りやにおいがするので不思議です。
中には削ったときにけっこう臭うやつなんかもありますし
木の粉のせいか、くしゃみを誘うやつなんかもあります。
今回はシンプルかつ存在感のある神棚を製作したいと思います。

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です