U邸の壁面収納の打ち合わせに、品川に行ってきました。
府中のW邸に続き、これから壁面収納の製作が続きます。
使用する材は、U邸がウェンジ
W邸がウォールナット、と共にダークブラウン色なのですが、
製作する形は全く異なります。
U邸はクラシック家具をモチーフに、存在感を重視した家具で
W邸は実用性をポイントに置きながらも、シンプルでモダンかつ落ち着きのある
家具となる予定です。
お客様の個性や使い勝手が表れていて、共に製作が楽しみです。
今回、打ち合わせさせて頂いたお宅が、原美術館から近かったので
美術館の前を通って帰ったのですが、外で企画展のポスター眺めていたところ
学生さんとおぼしき人が、門についてる原美術館のプレートを
携帯でパチリと撮って、中に入っていきました。
しばらくしてまた次に来た人も、プレートをパチリとして門の中へ、
3人目も全く同じ行動をしていたので、少し面白かったです。
門をくぐる為の儀式みたいで…
結局、僕は中に入らず、仲良くさせて頂いている家具屋さんのところに
お邪魔して帰りました。(なので、プレートの写真はありません)
walden (オーダー家具、設計製作)

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です