大谷石

休暇を利用して、栃木に行ってきました。

 

念願の大谷石資料館に。

地下の大空間に進むにつれ体感的にも寒くなっていく事を感じます。

計算された部分。無作為の部分。石の質感。スケールが相まってとても感動しました。想像以上に広かったです。

 

大谷石の存在を知ったのは、だいぶ前に坂倉準三が建てた神奈川近代美術館に行ったときです。

美術館建物の中庭に使われていて、所々、巣の入った唯一無二の存在感は緊張感のある建物ととてもあっていました。

 

前日は、黒磯のタミゼ黒磯に。

古い建物に新しい物と少しの古いもの。とても素敵なお店でした。

ピーターアイビーの片口をお土産に購入。多くの事を吸収できた休暇になりました。

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です