チェリー無垢材のキャビネットを組み立て。
無垢の家具は、なかなか時間がかかります。
家具に使用する無垢板は、荒材の状態で来ます。
最初に、仕上がり寸法より2mm程度厚く加工し
2、3日、板を暴れさせ、その後、仕上げの厚さにします。
(いきなり仕上げの寸法にしてしまうと、反りが出てきます)
それから、板をはぎ合わせ、予定の幅にして
各部材に仕上げるのです。
ある程度、逆算して仕事を進めないと上手くいきません。

そしてこちらは、ねかせておいたベンチベッドの部材。
そろそろ出番です。
ベンチorベッドと言ってもいいかも。
僕自身、初めての試みです。
お客様の要望を叶えるだけなら、そんなに難しくないのですが
なるべく、デザインや雰囲気も長く愛されるような家具にしたい。
未定の部分もありながら、作業を進めていますが
お金はかけず、手間をかけて良い物になればと思います。

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です