最近インテリア関連の面白い本が、たくさんでているのでご紹介。
apartamento magazine
スペインから世界に発信するインテリアマガジン。
いわゆる家具が奇麗に整頓されたインテリア誌とは違って、
そこに住む人の背景や生活している雰囲気が感じられる、
人間味あふれる雑誌です。
(唯一、毎号購入している雑誌です)
今回,気になったのはアルゼンチンの音響系
Juana Molina(ファナ・モリーナ)のお宅です。
(僕は勝手に新しいタイプのSSWだと思っているのですが)
これがまた緑溢れる、素敵なおうちに住んでいます。
ファナ・モリーナは2ndが良いんですよ、アルバム全体。寝る前とかに。

キーオブライフ
写真の雰囲気はapartamentoに似てなくもない。
マーク・ボスウィック、アダム・キメル、マーク・ゴンザレスなど
そうそうたる人たちのお部屋を紹介してます。
特に以前からマーク・ボスウィックの家が好きで
これは大切にとってある昔の雑誌の写真なんですが、
今もほとんど雰囲気は同じですね。
陽の明かりが、さんさんと降りそそぐ大きな窓や
おおらかな感じに配置してあるインテリアが素敵です。
マーク・ボスウィックはフォトグラファーなんですが。
ファッションに興味のある人だったら
マルタン・マルジェラの服の写真を撮った人、ということで解るかもしれません。
Not In Fashon という写真集(作品集)がとても好きです。
光りの加減がうつくしい、ただただ気持ちの良い1冊です。
そうそう、e15っていうドイツのどっさりと
オークの無垢材などを使ったインテリアメーカーがあるのですが、
そこの家具のデザインなんかもしているみたいです。
他にはブルータスのイームズハウス特集やHUGEの男のインテリア特集などじっくり読めてないので、まとめて時間を作って読みたいと思います。
walden (オーダー家具、設計製作)

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です