デスクと飾り棚 世田谷区T邸

ナインマンス建築設計事務所さんからご紹介いただき、マンションのリフォームに合わせオーク材でデスクと飾り棚を納品しました。

飾棚の内部には特注の金物を製作し、それに棚を差し込みシリコンで固定しています。

金具が見えないのが特徴で、長い棚の場合は既成の金物より特注の金物の方が安定感がある気がします。

デスクは、角をRにして丸脚を一本設置しました。

T様所有のビンテージのYチェア(オーク)ともとても良い組み合わせでした。

relax 2002/06

僕が家具作りを仕事にしようと思ったきっかけ、それが2002年にでたrelaxという雑誌の家具特集です。

relaxはカルチャーに特化した雑誌で、毎号違う特集が組まれていていました。インターネットが普及していたとは言えない時代、僕の狭い世界から雑誌を通して世界が広い事を知ることができたし、少しザラッとした紙の質感。押し付けがましくなくて読んだ後サッと過ぎていくような後味の良さ。大好きな雑誌でした。

当時の僕は、家具をデザインしたり作る仕事があることを雑誌を通して初めて知って、将来そういう仕事につきたいと思ったのです。

昨日、relaxの編集長だった岡本さんとカメラマンの若木慎吾さんのトークショーがあって参加してきました。

この雑誌があって今の僕があること。

生涯を通してやりたいことを見つけられたことは。本当に良かったと思います。

メールのエラーについて

この1〜2週間メールの返信が届かない。メールが送れないと言った報告がございます。

11/25(金)現在、全てのお見積もり及び返信をさせて頂いております。

迷惑メールフォルダを確認いただき、届いてない場合はコンタクトフォームもしくはemail hidden; JavaScript is requiredか042-621-4088までご連絡ください。

頂いたメールは2〜3営業日以内に必ず返信しております。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

テレビボード 横浜市N邸

ウォールナットをブラックブラウンに染色したテレビボードを納品しました。

アンプを収めるため、奥行きを550ミリに設定し低めのデザインにて設計させていただきました。

N様はアンプを収納できるテレビボードをずっと探されていたそうです。

以前製作をした西東京市のS様のテレビボードをご覧になってご注文いただきました。

特に既製品のテレビボードですと本格的なアンプを収納する奥行きが確保できません。

背面の板もガバッとあけて、配線の取り回しのしやすいようになっています。

ルイスポールセンの貴重な琥珀色のペンダントライトやアルネヴォッダーのローズウッドのサイドボードなど、N様がひとつひとつこだわって集められた空間にウォルデンのテレビボード迎え入れていただきました。

空間の一つのピースとなるテレビボードを制作させて頂いたことを大変嬉しく思います。

サイドボード 小平氏K邸

小平市K邸にテレビボードとデスクを兼ね備えたサイドボードを納品しました。

テレビとモニターの配線と下地補強から始まった今回のリフォーム。

扉はチェリーの無垢材を使用。本体は突板を使用しています。

小さな窓の扉もチェリーと藤の組み合わせにて製作させていただきました。

吊り戸棚の扉は、オリジナルの薄いグレージュカラーにてウレタン塗装を施しています。

吊り戸棚のサイズには悩みましたが、原寸のダンボールの型を用意して、現地にてバランスを確認しました。

吊り戸棚の上と飾棚の下には、LEDの間接照明を用意し、手元を明るくするスポットライトも設置しています。

壁紙はウォルデンで何度か使用しているダークグレーのクロスを使用しています。

K様は家を購入された数年前からウォルデンのことを気にかけていただいたそうです。

間仕切り壁、撤去のリフォームが終わった後、スペースを用意してウォルデンにご依頼いただきました。

ずっと気にかけて頂いたことも嬉しいですし、それに応える家具を製作できたこともよかったです。

家具を眺めている時間も楽しいとK様はおっしゃっていました。

before

大岡弘晃 いのちのまえにはあなたがいる

大岡弘晃個展

いのちのまえにはあなたがいる

一階と二階で会場が構成されていました。

階段を上りながら見えてくる二枚の大作に心が高ぶりました。

きっとこの瞬間は忘れることはないと思います。

多くの作品が見れる素晴らしい展示でした。

本棚デスク 練馬区H邸

練馬区H邸にチェリーの本棚デスクを納品しました。

納戸として使用されていた部屋の三面に設置した本棚。

ここ一、二年の中では一番設置の難易度の高い取り付けでした。

天井の勾配、吊り戸棚のL型の接合部、エアコンのダクトなどいくつものポイントのある本棚。

ちなみに中央の吊り戸棚は、油圧式の昇降台車を利用し、スライドで固定のできる特殊な金物を仕様しました。

納品前にも工房で仮組みし、実際の設置を想定しシミュレーションしています。

その甲斐もあって1日で無事に設置ができました。

簡単に設置のできる家具もいいかもしれませんが、間取りを活かした無駄のない形になったと思います。

思っていたよりも空間も広く感じられました。

最初にお持ちの本、CDの数を確認し、棚の高さもそれに合わせた仕様になっています。

ぴったり納まった形は、オーダーならではだと思います。

サイドボード 鴻巣市O邸

鴻巣市O邸にサイドボードを納品しました。

オオテの四方がテーパーになっている定番のサイドボード。 

 

扉はオークの無垢材で製作。真鍮のつまみがアクセントになっています。

一部をトール収納にして引き戸にはチェッカーガラスを仕込んでいます。

住宅のリフォームの完成に合わせた納品でした。

O様は完成をとても楽しみにしていたようで、天井の小型のダウンライトは、角度を調整してサイドボードも照らせるようになっているそうです。

完成したサイドボードもとても気に入っていただきました。

素材の魅力を活かしたシンプルな家具になったと思います。

壁面収納の納品 豊島区K邸

豊島区K邸に壁面収納を納品しました。

棚を兼ねた壁面収納。メープルで製作をさせていただきました。

中央は読書スペースとしてクッションを設けています。

本棚背面はクロスが見えるように加工を施し、見た目が重くならないようにしました。

大きな家具ですので、現地での組み立て易さも考え新しい加工をいくつか試みました。

設計、製作だけでなく、取り付けも行っているので、設置での完成度が高くなったと思います。

オーダー家具の参考価格


オーダー家具と言っても、なかなか一般の方には、分かりにくいと思います

どこまで、オーダー出来るか?

どのくらい期間がかかるか?

どのくらい費用がかかるのか?


WALDEN(ウォルデン)では、なるべく分かり易くお伝え出来ればと思っております。

□ デザインや機能に関しては、ご相談頂ければ可能な限り対応致します。

(コレできるなかな?と思う事でもお気軽にご相談ください)

こちらからご提案させて頂くことも可能です。

□ 製作は、3週間から1ヶ月程度を要します。製作スケジュールにより納期は変動しますので、なるべく早めにご相談ください。

(新築マンションや戸建ての場合は、内覧会に同行させて頂き、引っ越し後すぐに取り付けと言う事も可能です)

□ 価格については、家具の大きさや素材、仕様によって変わってきます。

(オーダー家具、格安、半額を売りにしている所は、それほど安く無い事が多いのでご注意下さい)

□オークやチェリーを使用した場合の参考価格になります。

ウォールナットを使用する場合は、見積りより1.1倍の価格になります。


WALDENで製作しているオーダー家具の参考価格を掲載させて頂きます。

ちなみにWALDENでは、低価格を売りにしていません。

優れた素材とデザイン。機能性を重視したオーダー家具を、お客様にお届けしたいと思っています。

th_DSC_0579

テレビボード渋谷区T邸

th_IMG_5485テレビボード 横浜市H邸

ルーバータイプ テレビボード(チェリー、オーク)奥行450ミリ

幅 1800ミリ 価格:390,000円(税抜き)

幅 2400ミリ 価格:460,000円(税抜き)

幅 3000ミリ 価格:520,000円(税抜き)

幅 3600ミリ 価格:620,000円(税抜き)

○引き出し変更の場合は1パイあたりプラス25,000円

○別途設置配送費が60,000円かかります。(関東近郊)

○設置地域によって、配送費がプラスされることがあります。

○上部吊り戸棚、飾り棚は含みません。テレビ台のみの価格です。

th_DSC_0884

壁面収納 豊島区S邸

扉、本体共に突板の場合

幅 1800ミリ 価格:750,000円(税抜き)

幅 2400ミリ 価格:1,000,000円(税抜き)

幅 3000ミリ 価格:1,250,000円(税抜き)

幅 3600ミリ 価格:1,500,000円(税抜き)

幅 4000ミリ 価格:1,660,000円(税抜き)

○扉が無垢材の場合は1.6倍の金額になります。

○別途設置配送費が90,000円かかります。(関東近郊)

○設置地域によって、配送費がプラスされることがあります。

th_002a

本棚 渋谷区H邸

本棚 本体突板 奥行270ミリ

幅 1200ミリ 価格:390,000円(税抜き)

幅 1800ミリ 価格:520,000円(税抜き)

幅 2400ミリ 価格:650,000円(税抜き)

幅 3000ミリ 価格:820,000円(税抜き)

幅 3600ミリ 価格:980,000円(税抜き)

○別途設置配送費が90,000円かかります。(関東近郊)

○設置地域によって、配送費がプラスされることがあります。

blog_import_5531d794eb7e0

食器棚 横浜市K邸

食器棚 本体突板 奥行450ミリ/吊り棚奥行350ミリ 天板クオーツストーン指定色

幅 1200ミリ 価格:550,000円(税抜き)

幅 1300ミリ 価格:570,000円(税抜き)

幅 1500ミリ 価格:620,000円(税抜き)

幅 1800ミリ 価格:690,000円(税抜き)

幅 2400ミリ 価格:890,000円(税抜き)

○扉が無垢材の場合は1.6倍の金額になります。

○奥行き500ミリの場合は1.07倍になります。

○天板がセラミックストーンの場合は1.2倍の金額になります。

○ソフトクローズ引き出し3段。引き出し1パイ追加につきプラス25,000円

○炊飯器スライドテーブルに扉をつける場合はプラス40,000円

○吊り戸棚を引き戸に変更の場合、プラス60,000円。

○別途設置配送費が80,000円かかります。(関東近郊)

○設置地域によって、配送費がプラスされることがあります。

○天板を人工大理石やステンレスに変更可能です。

価格は、仕様やデザインによって変わります。

特にリビング収納などは、メラミンやポリエステル化粧合板のような木目プリントでは無く天然木の突き板や無垢材がお勧めです。

ご注文頂いたお客様の中には、以前、他社で木目プリントの家具を製作したものの、

家具に愛着がわかなかったとwaldenに突板や無垢材でご注文頂いたお客様もいらっしゃいます。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合せください。

イメージした家具が、形になる喜びを共感して頂けたら嬉しく思います。

※1ヶ月に1,2度この記事は更新します。

シルクスクリーン

秋冬用も新しいデザインでスタッフウエアを擦りました。

デザインソースは日本から撤退してしまったアメリカの某アパレルメーカーのロゴです。

WALDEN CREW チーム一丸となって素敵な家具をお客様に届けたいと思っています。

 

ちなみに以前デザインしたこちらは、IBMのロゴなどではなく、都心の納品でよく見かける23区のゴミ収集車のロゴをモチーフにしました。

気になる方は調べてみてください。

ウォルデンのウエアのプリントは普段使っている物や身近なところに在るものをテーマにしています。

いろんなところにデザインが転がっています。

プルーヴェ展とオスカーニーマイヤー

東京都現代美術館で行われているジャン・プルーヴェ展に行ってきました。

プルーヴェの椅子と建築を主に展示していました。

とにかく会場構成がとても良くって、ゆったりと作品が見れるようになっています。

 

そのあとは、青山のギャラリーにオスカーニーマイヤーの椅子を見に行きました。

一人がけソファと寝椅子の展示で、洋雑誌などでは見たことがあったのですが、実物を見るのは初めてで、美術館での展示がない限り二度と見ることができないかもしれません。

tendo brasileira、天童木工ブラジルの製品で、脚が成形合板になっていました。

 

数年前から、ニーマイヤーやパウロ・メンデス・ダローシャ、ルイス・バラガンなど南米の近代から現代建築が気になっているのですが、ヨーロッパの建築に比べて資料が少ないです。

おすすめの書籍があったら、ぜひ教えてください。

南米の建築は、おおらかさが良いんですよ。

流木の鳥

流木の鳥といえば針原さんだ。

ずっと前からいつかは購入したいと思っていました。

個人的には並べて飾るのが素敵だと思っています。

針原さんは僕の知る限り第一人者だし、無骨なところが良いなと思っています。

鳥のオブジェが好きで、一番最初に購入したのは7年くらい前siboraというアンティークショップで購入した置物でした。

多分、昔スイスかドイツの山でお土産として売られていた物。

木彫りで妙にリアルだけど、脚は安っぽい針金。地元の人が作ってお土産屋さんに並べられていた。そんなバランスがとても気に入っています。

他にもアメリカの国旗の色に着色された可愛らしい鳥の置物や、ドーム型の古い鳥籠。片口の花瓶やホーローなども鳥を連想して、特別気に入ったものがあればついつい購入してしまいました。

鳥自体に詳しくないのですが、形の美しさは鳥に勝るものはないと思います。

8/5

経過がよく、予定より早く本日退院しました。

入院中は何か身になるスキルをとも思ったのですが、こういう機会でないと見れない(長くて)、ゴッドファーザー1,2を続けて見たり、ドラマを見たりしてとにかくゆっくり過ごしました。

僕の休み中も工房ではスタッフが製作を進めてくれていました。

本棚タイプの壁面収納です。綺麗に仕上がっています。

ショールームの予約も再開したいと思います。

詳しくはホームページのトップをご確認ください。

10日くらいの休みでしたが、僕の人生の中でも特別な時間になりました。

お休みのお知らせ

お休みのお知らせ

7/27から2週間入院をすることになりました。

大きな病気になったというわけではなく、一年以上前から準備を進めてきたことで、口腔外科で顎変形症の手術を受けます。将来の健康、噛み合わせや見た目のバランスを整える為です。

家具の依頼も順調にいただけるようになり、将来のことも考える年になったのかなと。自分で言うのも何ですが感じています。

8月は仕事が落ち着いている時期ですし、何よりもスタッフの成長が、僕が休みの時も安心して仕事を任せられるのが一番大きいです。

ショールームの営業については、ホームページをご確認ください。

お休み期間中もオーダー家具のご相談、お見積もりはお受けしております。

お返事が遅れる場合がございますが、お気軽にご相談ください。

関係者各位の皆様、ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

卓球

以前勤めていた会社のOBたちとウォルデンで卓球大会をやりました。

自作のラケットでのトーナメント戦とラケットの美しさの芸術点を競おうという作り手ならではの戦い。

他にも集まった理由があって、僕に家具作りを教えてくれた職人さんが今年77歳になり、サプライズで喜寿のお祝いをすることでした。

遠方で参加できないメンバーは、ビデオメッセージをもらったりして。

トーナメントも白熱した戦いで盛り上がったし、お祝いもとても喜んでくれました。

他のみんなも家具作りには詳しいので、分からない事を相談をさせてもらったり、忙しい時に何度も助けてもらったり、とても頼りにしています。

高校以来の卓球でyoutubeを見て研究しましたが、僕はあえなく一回戦敗退でした。

二回目、三回目と長く続けられたらいいなと思いました。

それまでにもっと卓球の腕を磨きたいと思います。

キッチン テレビボード

キッチン、食器棚、テレビボードを製作させていただきました。

特にキッチンは現場との絡みも多く、日々勉強だと感じました。

テレビボード 西東京市S邸

西東京市S邸にルーバータイプテレビボードを納品しました。

天板とルーバーはチェリーの無垢材を使用しています。

S様よりご相談いただき、今まで製作しているルーバーより細く設計し、より繊細さが際立つようにしました。

S様は何年もの間、希望のテレビボードに巡り会えずテレビボード無しの生活を送っていました。

ショールームにお越しいただき、実際の家具に触れ発注いただきました。

ご自宅にはフィンユールのイージーチェアをはじめ、一点一点時間をかけて選び抜かれただろう家具やインテリアが気持ちよく配置されています。

そんな中、ウォルデンのテレビボードを加えて頂いたことを嬉しく思います。

空間にもすっと馴染んでいました。

デスクと本棚 武蔵野市H邸

武蔵野市H邸にデスクと吊り本棚を納品しました。

チェリー材にて製作しています。

本棚の背面にはリノリウムを貼りました。白漆のような少しアイボリーがかったマットな質感です。

吊り本棚の上下には間接照明を設置。

手前には、角度を変えられる小型のスポットライトを設置しました。

本来はショーケース用の照明ですが、小型ながらちゃんと光源を確保できます。

 

今回はリノベーションに合わせて家具を設置させていただきました。

海外輸入のクロスやファローアンドボールのペイントなど、随所にH様のセンスが感じられる空間でした。

羊文学

羊文学のライブoopartsツアーファイナルに行ってきました。

普段からよく聴いていますが、ライブは轟音に身を委ねる感動的な時間でした。

三曲目の”雨”以降の盛り上がりは凄かったし、構成、映像、観客どれをとっても素晴らしく、今まで行ったライブの中でも一番良かったです。

ライブで聴くと今回のアルバムの多様性、奥行きの深さを感じたし新しく好きになった曲もたくさんあります。

僕の年代だとシューゲイザーの括りで語られることも多い(僕も入りはそこからでした)のですが、もうそんなことはどうでもいい、素晴らしいバンドだと思います。

ガラスケース

コムレール北原さんからの依頼で、チクテベーカリーさんにガラスケースを納品しました。

移動ができるように3分割で製作しました。

ハード系のパンが美味しく、僕は何もつけずでもいけます。

サイドボード 江東区U邸

U邸にウォールナットのサイドボードを納品しました。

全てプッシュオープンで一番右の扉はブラックガラスになっています。

背面のアクセントクロスも提案をさせていただきました。

ウォルデンの家具は去年より少し仕様を変えています。

より木の魅力が感じられる作りになっています。

テレビボード 千代田区H邸

オーク材ブラック染色のルーバーテレビボードを納品しました。

オーディオアンプを設置するため、奥行きは550ミリと深めの設計になっています。

左右にスピーカーの線を出すための配線孔や収納内の配線など、目に見えるところはスッキリするように加工をしています。

ルーバーもウォルデンならではの特注金物を使用し、ミニマルさをだしています。

ブラックトーンの空間によく合うテレビボードになったと思います。

丸テーブル

今までにも何度か製作をさせて頂いている丸テーブル。

今回は幅1180ミリ。脚が通常より外側というオーダーでした。

ちょっとの違いが大きな違いです。

何台か作っているからか、考えなくても手が動くようになりました。

脚の組み立てにはプレス機を使うのがポイントです。

他にも、工房ではキッチンや食器棚、テレビボード、リビングボードの製作が進んでいます。

食器棚 国分寺市Y邸

国分寺市Y邸に食器棚を納品しました。

オークとステンレスのハンドルやブラケット。

ガラスとクオーツストーンの組み合わせです。

吊り戸棚から下げたブラケットは特注品。

天板はクオーツストーンです。

通常の人工大理石を提案することはほぼ無く、人造石の場合クオーツストンやセラミックストーンを提案することが多いです。

白のクオーツストンを使用するのは初めてで、クリーンで明るい印象に仕上がりました。

お家の雰囲気ともとても合う食器棚になりました。

テレビボードと食器棚 中央区I邸

マンションのリフォームに合わせて、テレビボード、食器棚、キッチンの前板の交換を行いました。

扉は細い枠のフレームタイプ。真鍮のつまみをアクセントに使用しています。

去年から構想していた形で初めて採用させていただきました。

これからの新しい定番にしていきたいと思います。

食器棚とキッチンも同じフレーム扉です。

食器棚の天板には黒いクオーツストーンを使用しました。

ウォールナットと黒はとても相性がいいです。

クオーツストーンは、天然の水晶が入った人造石です。人工大理石よりも硬く、とても品があります。

ウォールナットと真鍮の組み合わせは、クラシックな印象です。

素材を変えるとまた違う見え方になる気がします。

リフォームの打ち合わせから、私も少し関わらさせていただき、個人的に思い入れのある製作となりました。

I様にも気に入っていただき、大変嬉しく思います。

Tシャツとトート

今年も恒例スタッフtシャツを作りました。

デザインも自分たちで行い、シルクスクリーンを発注して自分たちで刷っています。

今年はブルーの気分。愛用してやまないマキタへの愛が感じられるデザインになっています。

トートもプリント。気に入りすぎてパーカーとスウェットも後日作ることにしました。どれもスタッフ及び関係者オンリーです。

4/30~5/5までGW休みとなります。よろしくお願いいたします。

看板

スタッフが友人のお店の為に作っていた看板。

仕事終わりにコツコツと製作していました。

正面からは細いスチールの枠が見えるシンプルなデザインで折り畳めるようになっています。

板は無垢材なのでずっしりしていて安定感があり、ひとつのプロダクトとして完成度の高いものでした。

朝の塗装室

ウォルデンの強みは塗装も自社で行っていることです。

ほとんどの家具は、クリアのウレタン塗装を施しています。

ウレタンは塗装膜を作るので、水や汚れに強い塗装になります。

他の塗装の仕上げとしてオイル塗装などもありますが、塗装幕を作らないため水や汚れには弱いです。

オイル塗装の良い点は、ウレタン塗装のように塗装膜を作らないため光を反射せず本来の木の質感を感じられることです。

見た目だけで言うと、個人的にはオイルの方が好き(写真映えもします)です。

ただ、汚れのつきやすさや日々のメンテナンス(オイル抜けを防ぐため3~4年に一度のオイル塗り)の大変さを考えるとウレタン塗装が一番だと考えています。

オイル塗装を指定するお客様には、ちゃんと説明をしますし、よほど丁寧な暮らしを心掛けている方ではないと向いていないと思います。

お客様の家でも他のところでご購入されたオイル仕上げの家具がシミだらけになっていたり、オイルが抜けて白っぽくなっていたりするのを見ると悲しくなるし、デザインや素材にはこだわっているのに、なんで仕上げにはこだわらないのか不思議に思います。

僕の中での家具のあり方は、作品というよりも日常の暮らしの道具です。

普通に使い、当たり前に20年30年と存在し続けてくれるものが理想です。