無垢材や突き板などの素材以外で
根強く人気があるのは、ホワイトの家具です。
ホワイトの家具の場合は、プリント処理された既製品の
ポリエステル化粧合板を使用します。
waldenでも多く、ホワイトの
ポリエステル化粧合板を使った家具を製作しています。
通常のポリエステル化粧合板は、独特の臭いがするのですが
waldenでは、臭いの原因となるエチレンを含まない
ノンエチレンポリを使用しています。
こちらを使用しているのも
以前、お客様から家具の臭いについてご指摘を受けたからです。
それ以降、既に1年以上前から、ホワイトのポリエステル化粧合板は
全てノンエチレンポリに切り替えました。
お客様には、特に説明していないときもありますが
すべてこちらを使用しています。
それ以前もポリエステル化粧合板を含め
全ての製品は、フォースターと言う環境基準をクリア
した製品を使用していました。
ただ、それだけでは、足りないと思い
現在では、独自の基準を設け、ノンエチレンポリを使用しています。
こちらの素材ですが、材料屋さんに聞いた所
一部の家具屋さんを除いて、ほとんどの家具屋さんは、使用していません。
理由は、知名度が低いこと
また通常のポリエステル化粧合板に比べ、材料が割高なことにあります。
予算の少ないお客様には、通常のポリエステル化粧合板
を勧めようかとも考えましたが、
見た目が全く同じなので
(いちいち臭いを嗅いで作業する訳にもいかず)
全てをこちらに切り替えました。
より多くの家具屋さんに、こちらの素材を知ってもらい
使用して頂きたいと思っています。
ただ、木目プリントのポリエステル化粧合板は、
ご家庭用には、あまりお勧めしていません。
(水場は別です)
お客様の中には、別の所で、木目プリント化粧板の家具を
作ってもらったものの、愛着がわかなかった。というお話も聞きます。
家で使う家具の場合は、突板や無垢材がお勧めです。
真っ白い家具については、代替品がないので
ポリエステル化粧合板やメラミン化粧板での製作が良いと思います。
突板についてはコチラ

Share
Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Google+Email this to someone

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です