食器棚の引き戸

製作中の食器棚も、いよいよ終盤。

引き戸の手掛けには、真鍮を埋め込んでいます。

やりすぎないすっきりしたデザインが気に入ってます。

 

ひとつひとつ細かな検討を重ねてきただけあって、全体もとてもいい感じ。

良いものができると、嬉しくなります。

裏側

裏の空き地から見た八王子の家。

陣馬山に近いこの場所は、時間がゆっくりと流れている気がします。

 

何回か、ヘルメットをかぶらず原付に乗っているおばちゃんを見かけて

ここは離島なのかな?と思ってしまいました。

 

食器棚とテレビボード

食器棚を製作中。引き戸が付く予定で完成がとても楽しみです。

きっと大きいだろうなと思っていましたが、並べてみるとやっぱり大きかったです。

ただ、その家に合わせて製作しているので、設置してみるとそれほど大きさを感じない。

いつものパターンです。

 

後ろのテレビボードはデスクと一体になったタイプ。

ルーバーのテレビボードは何度か製作させて頂いてますが、今回も新しい発見がありました。

頭のどこかで引っかかっていた物が取れた感じ。良くなったと思います。

 

最近のおすすめイ・ランの”世界中の人々が私を憎みはじめた”という曲。

二日酔いの朝にとても良いですね。

youtubeの貼り方を忘れてしまったので、気になった方は調べてみてください。

ルーバーの加工

数の多いものを製作する時は、ひたすらロボットのように早く正確にを繰り返します。

 

だいたい、頭の中に流れているBGMは、小学一年生になった娘とよく聞いている

坂本慎太郎(かもめ合唱団)の”あなたもロボットになれる”

 

たまには、ロボットになるのも良いのではないでしょうか。

ソファ

オーダーソファ

組み立てが終わりました。

シンプルだけど、ちょっと複雑な加工が必要なソファ。

それをやるのと、やらないのでは全体のイメージが大きく変わってくると思っています。

 

お昼スタッフとの会話で思い出した事。

僕は小さい頃から工作が好きで、今、それを仕事にしています。

お客さんからは。ちょこちょこ楽しそうな仕事ですね。って言われる事があります。

家具を作るのは楽しいです。たまに大変なこともありますが。

それで、納品のときにお客さんに喜んでいただいたりして。ありがたいですね。

先日、某大学の研究室にデスクを納品させて頂きました。

納品の様子は、すっかり写真を撮り忘れてしまいましたが、先生にキャンパスを案内頂きました。

 

僕は大学に通っていなかったので、キャンパス(キャンパスライフ)に憧れがあります。

古い建物も多く、どこをとっても素敵な場所でした。

春は良いですね。一番好きな季節です。花粉症が無ければもっと最高ですね。

薪ストーブ

ヨツール 薪ストーブ

内装設計、施行をした八王子の家。

 

薪ストーブの設置工事に立ち会ってきました。

機種はヨツールのF520。3面がガラスになっているので、いろんな角度から火を楽しむ事が出来ると思います。

シンプルですが、作りはさすがヨツール。細部にこだわりを感じました。

 

ストーブの背面は大谷石を施行しました。

時間が経つともう少し黄色みが強くなるので、より全体の一体感が強くなると思います。

 

テレビボード

工房では、2台のテレビボードの製作が同時進行しています。

1台は今週納品。もう1台は来週納品の予定です。

製作中

壁面収納

大きな壁面収納を製作中。良い感じです。

 

ショールームにも納品前の家具が溢れてきました。

たくさんご注文を頂いてますが、良いペースで仕事ができています。

ソファの検証

製作予定のソファについて、クッションをお客様といっしょに検証しました。

ソファは、本当に奥が深い。クッションの組み合わせだけで何通りあるのだろう。

最高のソファを作りたいと常々考えています。

 

 

クヴァドラ

今回は、ファブリックにクヴァドラ社のものを使用する予定です。

ラフシモンズとのコラボレーション。とても素敵な生地です。

 

僕の実家は、和室が多く、リビングと呼ばれる部屋がありませんでした。

それゆえリビングに憧れがあり、リビングの象徴ソファには強い関心がありました。

生涯をかけて研究していきたいです。

作って、ばらして、組み直す

オーダー家具

大きめな壁面収納。

 

完成後、上段は一旦、板の状態にばらして現地で組み直します。

一体では搬入が出来ないからです。状況によって制作方法を変えています。

 

現場が大変なのですが、余分なジョイントがでないので、こちらの方がかっこよく仕上がります。