アトリエテーブルの納品

八王子市のアトリエにデスクを納品しました。

一台はダイニングテーブルサイズの大きさ。もう二台は並べて使えるように奥行きの狭いカウンタータイプになっています。

脚は黒皮のスチールを特注で製作。インダストリアルな要素をデザインに落とし込みました。脚のコーナーのパーツは原寸を描いてサイズ感を検討しています。

天板はオークの無垢材にて製作。通常の鉄脚とは違った魅力のあるデスクになったと思います。

壁面収納の納品 港区K邸

本棚とベンチ、高さの低いデスクを兼ねたチェリーの壁面収納を納品しました。

天井の梁、パイプスペースの柱等、納まりの難しいところがいくつかありましたが、それを感じさせないすっきりとした仕上がりになったと思います。

高さはミリ単位で調整し、ご希望のものが収まるように設計しました。

ギリギリの寸法に合わせる為、初めての試みもいくつか行っています。

今後の製作にも活かせそうです。

テレビボードの納品 世田谷区 M邸

テレビボード
無垢
オーダー家具
オーダーテレビボード

世田谷区M邸にテレビボードと飾り棚、背面に石貼りを施工しました。

角を45度で接合している留(トメ)という技法を用いています。

正面に建具枠のでっぱりがあり、一体では設置場所への移動が難しかったため

板の状態にバラして設置場所にて固定し直しています。

正確には留に見えるのは正面だけで、胴付きを用いています。

どのように納めたら良いか考慮して、僕自身初めての加工方法、金物を使用しました。組み立てはスムーズであっという間に組み立てできました。

今回の納品は既存の作りつけテレビボードと吊り戸棚を外すことから始まりました。強固に取り付けられていた既存の家具の取り外しには苦戦しましたが、今回設置したテレビボードもちょっとやそっとじゃ取り外せないシビアな仕込みをしています。

背面の石は割り肌の天然石で、オークとの相性がよくてとても気に入っています。

前板、扉は無垢材にて製作しました。プッシュオープンの引き出しと開き扉の組み合わせです。

デスクの納品 日野市S邸

オーダー家具 デスク

日野市S邸にデスクと収納を兼ねた家具を納品させていただきました。

素材にはウォールナットを使用。デザインはS様によるものです。

背面がコンクリート壁に直張の壁紙だったため、パネルに飾り棚を固定しています。

トール収納の角はテーパーにカットし、それに合わせプッシュオープンの扉を施工しました。

足元のキャスターにはA3プリンタを収容しています。

寸法もミリ単位で調整し、S 様のアイデアが盛り込まれた収納になりました。

チェストの納品 横浜市S邸

横浜市S邸にテレビボードを挟む形で、2台のチェストを納品させていただきました。

扉はチェリーの無垢材にて製作。無垢材は反りや伸縮の問題がありますが素材としてはとても魅力的です。

開き扉の裏には、特注の反りどめ金物を使用し反りが出にくい工夫をしています。それでも完全に反りは抑えられません。

細い点ですと、木材は長さより幅方向の伸縮が大きい為、開き扉の方が引き出しよりやや大きく製作しています。伸縮率が違うからです。

つまみは真鍮。引き出しの手かけ部分にはスチールを使用しました。

無垢材の素材感が活きた家具になったと思います。

壁面収納

ランドスケープデザイン treeforte設計の壁面収納。

クルミの突板を使用し、アクセントにスチールを埋め込んでいます。

天井が傾斜ということもあり、パネルの設置、扉のバランスの調整など手がかかりましたが無事に納まりました。

それにしても大きな扉です。

デスクの納品 渋谷区O邸

O様からのご要望でカラーガラスの扉を使用したキャビネットをデスクの上に設置しました。

制作中もカラーガラスを使用したらどのようになるのだろうと、想像していましたがチェリーとの相性もよく納まったと思います。

扉のフレームもギリギリまで細く仕上げました。

脚は特注のスチールで製作しています。

トムサックス@伊勢丹新宿

wallshopを始める上で最も影響を受けたアーティストはトムサックスです。

新宿伊勢丹のショッピングスペースの一角で行われている展覧会に行ってきました。

トムサックス的な伊勢丹(デパート)だったり、日本の伝統を合理的に捉えたものだったり。

難しいことは、どうでもよくて見て感じてワクワクする展示でした。

また、影響を受けてしまった。

ワードローブ

昨年末に製作をさせていただいたワードローブがI’m homeに掲載されています。

設計はTREEFORTE代表でランドスケープデザイナーの石川さん。

石川さん自宅の天井に合わせた背の高いワードローブです。

天井に角度が付いているので、設置にこそ苦戦をしましたが、綺麗に納まったのが思い出深いです。

11/21ショールーム予約制にて営業します

LIFE autumnにお越しいただき、ありがとうございました。

また、家具や作品の説明ができなかった皆様。申し訳ございませんでした。

週末は通常通りの予約制でのショールーム営業に戻ります。

11/21(土)14時からと15時半からの回に空きがございます。

各回、1組み様のみのご案内となり、実際に家具を見ながらご説明をさせていただいております。

ご予約はメールフォームよりお気軽にご連絡ください。

業務連絡

ソーサーご相談のS様。

メールがエラーで戻ってきております。

メールアドレスと別のアドレスもありましたらそちらも一緒ご連絡いただけると助かります。

お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

LIFE autumn

11/14(土)11/15(日)LIFE autumnをwaldenで開催します。

wallshop、moon tree planetの服のほか、飲食等の出展がございます。

ちょっとした家具のご相談も可能です。

ゆったりとした空間で換気をよくしてお待ちしております。

walden

東京都八王子市中野上町1-33-15

駐車場6台あり

公共交通機関をご利用の方は、JR八王子駅北口バスターミナル6番、7番のりばから『楢原町行き』、『川口小学校行き』のバスに乗車、中野上町郵便局バス停で下車し徒歩約3分です。
京王八王子駅からは3番のりばより、楢原町行き、川口小学校行きのバスをご利用ください。

普段予約制のウォルデンも予約なしにてお越しいただけます。

【ご来場の皆様へのお願い】
・入り口での手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・マスクの着用をお願いしておりますのでご持参下さいませ。
・LIFE autumnではサスティナブルの取り組みとして
マイバッグのご持参を推奨致します。
・簡易包装にご協力とご理解をお願い致します。

“Deer Horn”

ハンティングトロフィーとも言われ、、狩猟の成果を壁に飾るのが始まりでしたが、その自然の美しさはオキーフの絵にも度々モチーフにされ、家に飾られている様子も印象的です。

天然の鹿の角に台座をつけ、ビス一本で壁に固定できるように加工を施しています。

 ”Deer Horn”25,000円+TAX

”mud dyed gown”

wallshopのガウンは糸から作りました。

国内でも数少ない旧型のションヘル織機で不均一な糸を使用し、ふわっと柔らかい生地に仕上げました。

グレイッシュな色味は、奄美の泥染めによります。

そのサラッとしつつ深みのある質感や風合いは他に類を見ません。

パターンと縫製は高尾にアトリエを構えるnew way new life。

デザインはnew way new lifeの大塚さん田中さんと一緒に考え、修正を重ねつつ、とびきりの1着になったと思います。

mens

womens

コットン100 泥染め

“mud dyed gown” 30,000円+TAX

“maple box”

エルメスのボックスをオマージュして製作した”maple box”

縁の濃茶はエボニーという希少材で製作しています。

3種類のサイズを用途に合わせ、”jewelry box””letter box””shoes box”としています。もちろん使い方は自由です。

一点規格外のサイズも11/14(土)、11/15(土)のLIFE@waldenで販売します。

”jewelry box”17,000円+TAX

”letter box”20,000円+TAX

”shoes box”25,000円+ TAX

wallshop

ウォルデンの看板が新しくなりました。

ついでにwallshopも追加しています。

看板はシルクスクリーンで自分たちで作りました。

看板が新しくなると気持ち良い。

wallshopの大きなトートバックもシルクスクリーンで作りました。

トートはwallshopの作品をご購入いただいた方に無償でプレゼントいたします。

毎年恒例のスタッフユニフォームも今年はwallshopにちなんだスウェットにしました。ヘヴィーウエイトでガシガシ使えるやつです。こちらはスタッフオンリーとなっています。

“solid skateboard”

木を蒸し曲げ、テクスチャーを施したスケボーデッキ。

壁に飾るも良し、実際デッキを組んで滑ることもできます。

アートとクラフトの間をコンセプトにしているwalden内のwallshop。

アートってなんだか難しいし工芸ってストイックでちょっとなぁ。

その中間くらいが僕らにとって丁度良いと思いました。

Dryad

wall shop オリジナルラグ

guse ars washed pattern rug “Dryad”ドライアド

いくつもの工程を経て製作しています。

11/14(土)11/15(日)のLife@waldenにて販売いたします。

washed pattern rug ”Dryad”

wall shopでラグを製作しました。11/14(土)11/15(日)のLIFE @waldenにて販売いたします。

デザインはguse ars。

guse arsの陶器の破片から幾何学模様を産み出す作品を見た時に、いくつかのパターンを組み合わせ絨毯のような模様にしたら新しい発見があるのではないかと思いお願いをしました。

プリントはウォルデンの近所にあるシルクスクリーン屋に擦ってもらい、縫製、フリンジを施しました。

【今回のパターンについて】
お話をいただいた時にwaldenでは主に広葉樹を使って家具製作をされているという事から
木に関連した模様を作りたいなと考えました。
以下添付の3つの陶片を素材にしているのですが、セレクトする際に
左より、bark(樹皮)、root(根)、branch(枝)など木の部分を連想できるようなパーツをイメージしました。
そこから出来上がるパターンは正に木そのもののような存在です。
そこで今回の模様は木に宿る精霊,Dryad(ドライアド)と名付けました。

表地リネン37 コットン63

裏地コットン100

フリンジ リネン100

guse ars washed pattern rug “Dryad”  50,000円+TAX

20枚のみの販売予定です。(後日追加生産の可能性もあります)

一枚一枚、手作りで製作しています。製品のムラについてはご了承ください。

wall shop

ウォルデンは今年の7月で10周年を迎えました。

数年前から温めていたのですが、ウォルデンのショールームの一角にwall shopという壁の一面を使用したショップをオープンします。

オープンしますと言ってもウォールショップはウォルデンと違って年に数回しか営業しません。

ウォルデンのショールームを作った時から壁を使って何かできないかと考えていました。

それと、くだらないのですが、以前電話で材料を購入した時、滑舌が悪かったからか宛名に”ウォール店”と書かれ商品が届いたことがありました。

(ゴールデンの宛名で届くことはたまにあります。)

その”ウォール店”のネーミングのセンスや響きがずっと気になっていて、そのまま英語にしたウォールショップという名前をウォルデンの一角につけることにしました。

ウォールショップのこだわりは、ここでしか買えない日常品を扱うということです。僕らが作るものもあれば、友人や周りの人に協力してもらって作ったものもあります。自分たちが欲しい物しか作りません。

アートと工芸の間も重要なキーワードの一つです。

インターネットの普及によって当たり前のように、なんでも買えるようになったと思います。時代に抗うつもりは全くないのですが、わざわざ足を運ぶ不便な店が一つあっても良いのではないかと思いました。

○guse ars washed pattern rug “Dryad” のみイベント終了後、通販をお受けします。

八王子で行列ができる所といえば、ラーメン屋さんとパチンコ屋さんくらいですが、いつかwall shopも並んで購入いただくようなお店になればと思っています。

まずは、11/14(土)、11/15(日)のウォルデンで行われるLIFEにて販売いたします。

この日は、ショールームはご予約なしでお越しいただけます。

同業者の方も物づくりを目指している方もどなたでもお気軽にお越しください。

打ち合わせテーブルのご用意はありませんので、じっくりオーダー家具のご相談をご希望される方は、別日でご予約をいただけると助かります。

LIFE @walden

11/14(土)11/5(日)waldenにて衣食住をテーマにしたLIFEというイベントがございます。

打ち合わせテーブルのご用意がない為、じっくり家具の相談をご希望される方は別日にてご予約ください。

LIFE
@life_shiki
衣・食・住をテーマに日常を彩るこころ豊かな暮らしを発信していきます

第三回 「autumn 」

今年は暮らす生活する新しいスタイル自分は何が好きなんだろう?
こんなことをいつにも増して考える年になりました
自分にとって心地よく暮らす気分良く過ごせる
そんな何かが見つかる場に”LIFE”がなればいいなと思っています
会場はオーダー家具のWALDENになります
通常は予約しないと見れないショールーム家の中のこと考えることが多くなりましたよねこの機会にぜひ
.
▽出店者

Food
BENTO BOX
@mihara_kitchen
アジアンバインミー
@pepeandre3311

Bake
クッキー
御菓子屋うえだ
@okashiya_ueda

furniture
@walden_hakamata

Potter
百田輝

Health Care
カリフォルニアのワイルドクラフトプロダクト
JUNIPER RIDGE
@out444there

Drink
コーヒー
MODESTE
@modeste.hachioji
ハーブティー
Mount Shasta Apothecary
@mountshastaapothecary

Wear
MOON TREE PLANET × RAAS
@hinako.tsuda
t_a
@t_a.official
MOON TREE PLANET
@moontreeplanet
TOO
LITTLE
ROSEY STONE

▽日時
11.14(sat),11.15(san)
11:00〜17:00
▽場所
WALDEN
@walden_hakamata
東京都八王子市中野上町1-33-15
駐車場6台完備

公共交通機関をご利用の方は、JR八王子駅北口バスターミナル6番、7番のりばから『楢原町行き』、『川口小学校行き』のバスに乗車、中野上町郵便局バス停で下車し徒歩約3分です。
京王八王子駅からは3番のりばより、楢原町行き、川口小学校行きのバスをご利用ください。

秋のご予定にぜひ
八王子へお出かけください。
高尾山に寄って紅葉を楽しむのも素敵なコースだと思います

普段予約制のウォルデンも予約なしにてお越しいただけます。

【ご来場の皆様へのお願い】
・入り口での手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・マスクの着用をお願いしておりますのでご持参下さいませ。
・LIFE autumnではサスティナブルの取り組みとして
マイバッグのご持参を推奨致します。
・簡易包装にご協力とご理解をお願い致します。

サイドボードの納品 江東区N邸

以前食器棚を納品させていただいたN邸にリピートでサイドボードのご注文をいただきました。

N様からのご相談はスマートフォンやwifi等のケーブルをスマートにしたい、ルンバの収納するスペースを作りたいとのことでした。

ケーブル関係は、家具の下から配線を通し中でまとめられるようになっています。ルンバは脚の部分に収まるように設計しました。

前に納品した食器棚の使い勝手をお伺いした所、愛着をもって使用していただいているようでとてもうれしかったです。

壁面収納の納品 武蔵野市M邸

武蔵野市M邸にチェリーの壁面収納を納品しました。

壁の二面を使った大きな壁面収納。どちらも壁の幅に合わせ設計しました。

ご夫婦で使用できるようにデスクを分けて設置。収納もご主人用と奥様用に分けられているそうです。

工房で製作したときはとても大きく感じられましたが、ぴったりと納まると、最初からそこに存在していたかのように感じました。

当初は一日の設置を予定していましたが、コーナー部分に苦戦して二日間の設置工事となりました。

以前の間取りから、ぐっと変わった配置になりましたので、これからの生活スタイルもまた、新しいものになるのではないかと思います。

大きな決断だったと思いますが、それにウォルデンが携わらせていただき嬉しく思います。

製作中

いろんな家具が同時進行で進んでいます。

どれも、もう少しで完成。

ウォルデンは僕だけでなくスタッフが二人います。

スタッフの力なくして、いただいた仕事をこなすことはできません。

ここにきて、家具のご相談もぐっと増えてきました。年末の感じでしょうか。

lupi32 什器

阿佐ヶ谷のイタリアンlupi32さんの什器を設計、製作させていただきました。

中央のカウンターは両面使いできるようになっています。

入り口側のカウンターは柱を囲むようにコの字にて製作。

ピザ窯横のシンクを囲むような収納も製作させていただきました。

天板はセラミックストーン。厨房というハードな環境も考慮して素材を選んでいます。

設置は定休日を利用させていただきましたが、休みの日にもかかわらずお店を訪れるお客様の多いことから、地域に愛されているお店なのだと実感しました。

今度はお店の営業日に訪れてみたいと思います。

ショールームの食器棚

ショールームの食器棚が新しくなりました。

格子のトール収納とセパレートの食器棚の組み合わせです。

格子扉は観音開きの大容量収納。天井までを有効にご利用いただけます。

取っては無く壁のような仕上がり。

ホワイトグレーの食器棚は塗装の強度も考慮し、車の塗装に使用される塗料を使用しています。ウォルデン特注色でホワイトグレーに仕上げました。

天板は強度と質感も申し分無いデクトンのセラミックストーンを使用。

木で作ることはもちろん可能ですが、ウォルデンの新しい提案の一つとして見ていただけたらと思います。

生地

海外から取り寄せてもらったサンプルの生地。

普段から海外製の生地には触れているのでそれ自体は珍しいことでは無いのですが、こちらは1mあたり40,000円とかなり高価。日本でこの生地のソファ自体あるのかな?と言った素材だと思います。

生地の値段なのかどうか分からなくなってしまいそうだけれど、震えるくらい魅力的に感じました。

高級路線を目指している訳では無いのですが、今年(もしかしたら来年にかけて)ショールームの家具を少し入れ替えていて、そのキーワードの一に新しい解釈というものがあります。

物の見方は一つではなく、角度を変えると新しい物が見えるだろうし、頭を柔らかくしてショールームを提案の場所にしていきたいと思っています。

デスクの納品 渋谷区F邸

渋谷区F邸にデスクを納品しました。

天板はウォールナットの無垢材。

脚は特注のスチール。お客様のご要望で脚はキャンティレバー構造にて製作をしました。

穴に指をひっかけて、引っ張っていただく引き出し。

ちょっとしたアクセントになりました。

本棚とチェストの納品 江東区K邸

江東区K邸に本棚とチェストを納品させていただきました。

子供部屋に設置をした二台の家具。チェリーと取手には真鍮の組み合わせで製作をしています。

本棚の背面には、引き戸の戸袋がありましたが、それを隠すような形で設置をしました。

ガラス扉の部分は、飾り棚のようにショーケースとしてお使いいただけます。

中に強化ガラスの棚板が入るのですが、棚板の寸法を間違えてしまい、棚板が完成後、改めてお届けに伺う予定です。

チェストは一部の段に仕切りを設けました。

特にチェリーは経年変化が顕著な素材です。

お子様の成長とともに、チェリーが飴色に変化してくるのもお楽しみいただけたら嬉しいです。

リビングボード

ショールームのリビングボード。グレージュの扉は艶のない落ち着いた色味でとても気に入っています。

コロナ前とコロナ後、オーダー家具のご相談内容で大きく変わったことが一つありました。

それは、デスクを組み入れたオーダー家具のご相談がかなり増えたこと。デスク単体の場合もあれば壁面収納の一部にデスクを組み入れた物だったり様々です。

リモートワークが始まった頃は、ハーマンミラーなど高価なオフィスチェアから量販店の安価なデスクや椅子がすごく売れたと聞きました。

リモートワークがこれからのスタンダードになっていくと、一時期無くなっていた書斎が見直されるし、リビングのオフィス化も進んでいくのではないかと考えています。

オフィスのデスクをそのまま家に持ってきたいという人は少ないと思うので、どれだけ気持ちの良い空間で仕事ができるかというのがこれからのオーダー家具のあり方の一つだと考えています。